前へ
次へ

コットンを使わずに手で化粧水を塗る

肌の見た目に気を使っている方々は、化粧水の付け方が少々特殊な事も多いです。その理由はコットンです。多くの方々は、コットンを使って化粧水を付けるよう心がけています。しかも付ける際に、あまり力を加えていません。むやみに力を加えてしまいますと、確かに肌のターンオーバーも不活発になってしまう傾向がありますから、注意が必要です。ところで人によっては、全くコットンを使わずに化粧水を塗っている事があります。どうやって塗るかというと、自分の手です。十分に手を洗浄してから、優しくなじむように化粧水を素手で塗ってあげる訳です。実際、それは一定の効果は期待できます。コットンを使ってしまいますと、肌に対する刺激が大きすぎるからです。上述のターンオーバーの問題もありますし、確かにコットンは使用しないに越した事はありません。現に、コットンを使わずに化粧水を塗るようにすると、肌が美しくなるケースもしばしばあります。最初は抵抗感があるかもしれませんが、試しに手で化粧水を塗ってあげると良いでしょう。

Page Top